時代の嗜好とニーズで選び抜いた「味へのこだわり」
  創業期より、今日の”食”の高級化志向・本物志向を確信し、それまでごく一部でしか流通していなかった「数の子昆布」等の寿司種を始め、当社のオリジナル商品である「中華くらげ」をメインとする中華惣菜の量産化を確立し、一般の流通ルートに乗せることに成功、会社躍進のきっかけとなりました。

その後も、今までにない新しい味やなじみの薄かった素材などを、ポピュラーな味に育ててきました。商品のひとつひとつに、既成概念を超えたオリジナル商品づくりを目指す、当社の情熱と”食”へのこだわりが生かされています。
 
  新しい世代の食文化へ向けて
  1973(昭和48)年、大栄フーズは、シーフード惣菜の開発・製造する食品加工メーカーとしてスタートしました。オイルショックの真っ最中のまさに混迷の時代に創業期を迎えた当社でしたが、「これからの時代は量より質の時代になる」と、今日のグルメ志向・本物志向を確信。以来、終始一貫して、時代を先取りする付加価値の高い商品づくりをめざしてきました。

「社員ひとりひとりが、夢と野心をもてる会社を創ろう」という理念のもとに、社員全員が経営者マインドをもって、新しい食文化の創造と顧客の満足(CS)の追求のために、リスクを恐れず、不可能を認めず、果敢なチャレンジを積み重ねてきた結果、着実に成長を遂げてまいりました。

今後ますます「食のボーダーレス化」が進展して いく中で、日本的にアレンジした食材の提供を行っていくパイオニアとして、またシーフーズ企業から、”食”のオールラウンド企業へと、新たなる飛躍を目指し、いま第二の創業期を迎えています。これからも、持ち前の若々しい行動力と柔 軟な発想を発揮して、時代のニーズに 即応した新しい商品・本物の味を提供することに全力をあげて取り組んでいきたいと思います。