世界的に注目されている新たな食品衛生基準
HACCP(ハシップ)を見据えた衛生管理システム
現在、世界中で食品衛生管理への関心が高まっています。わが国でも、厚生労働省が食品の新たな衛生管理基準として普及を図っているハシップ(HACCP=Hazard Analysis-Critical Control Point System「危害分析重点管理制度」)が注目を集めています。

HACCPとは、米航空宇宙局(NASA)が、細菌混入の許されない宇宙食の安全確保のために開発した衛生管理プログラムのことで、原料の調達から最終製品までの各工程で予想される病原菌や異物混入を特定・分析し、その防止に必要な管理項目を設けチェックする方法であり、従来のわが国の食品検査が最終製品の抜き取りに頼っていたのとは、根本的に異なるものです。

大栄フーズでは、すでにハイレベルで厳しい衛生管理システムを確立していますが、今後はHACCP導入やISO取得を見据え、さらに徹底した衛生管理を図り、お客さまに衛生的で美味しく、かつ安全で安心して食べていただける製品づくりを目指して、よりいっそう衛生管理の強化・充実に努めていきます。